カテゴリー別アーカイブ: お知らせ

越前の特産品

福井県、越前の特産品として真っ先に挙げられるのが、冬の味覚の王様としても有名な越前ガニではないだろうか。冬の到来とともに漁が解禁されて、多くの人々をその味で楽しませてくれる。実は越前には、この越前ガニの他にも様々な特産品がある。その一つとして挙げられるのが、へしこである。へしこというのは、福井の冬の重要な保存食である。サンマ、イカなど様々な海産物で作られるへしこであるが、特に有名なのがサバのへしこだという。その起源は江戸時代の中ごろといわれており、古くからこの地域で親しまれてきた食べ物であるということがわかる。へしこは、新鮮な魚を水洗いして塩漬けにしたのちに糠漬けにする。そのまま一年ほど待つと、魚が塩と糠によって熟成されて冬の越前の味覚が完成するという。へしこはお酒の肴になるほか、お茶漬けとの相性もいいようだ。また、越前は水仙でも有名である。越前海岸は房総半島、淡路島と並んで水仙の日本三大群生地の一つとして知られており、冬の越前の見どころとなっているほか、越前の水仙は日本全国に出荷されているそうだ。
また、越前焼きも越前が誇る特産品の一つである。日本六古窯に数えられる越前焼きは、瀬戸、常滑、信楽、丹波、備前と並んで長い歴史を持つ焼き物だそうだ。その歴史は平安時代末期までさかのぼり、現在では200あまりの当時の窯が発見されているという。これらの窯では、かめ、つぼ、すり鉢、とっくり、などの日用品が焼かれていたようだ。現在でも、食器、茶器をはじめとするさまざまな焼き物が越前の窯で焼かれているのだという。
そのほか、たけのこも越前の特産品の一つとして知られている。越前のたけのこは赤土で育つために甘味があって柔らかく、またアクが少ないことが特徴だという。
越前の特産品というと、越前ガニをはじめとする海産物を想像してしまいがちである。越前には、新鮮な海産物はもちろん豊富にあるが、そのほかにもさまざまな特産品が存在しており、とても魅力的な地域であるということがよくわかる。

福井の野鳥

■福井県大野市、野鳥のレストラン開店!

福井県大野市南六呂師の県自然保護センターにて、先月6日、恒例の野鳥観察イベント窓のガラス越しに野鳥の姿が楽しめる「冬の野鳥のレストラン」が「開店」しました。
野鳥が餌をついばむ姿を室内から観察できるとあってファンに好評で、昨年は期間中2000人もの人が来場したそうです。今年は屋外に写真撮影用の小屋を設置し、多様な楽しみ方を提案しております。2月28日まで。

レストランの「営業開始初日」となったこの日は、雨の中、職員たちが餌台を設置。ヤマガラやゴジュウカラ、カケスなどが次々と現れ、餌をくわえ飛び立つ姿が見られました。同センターの加藤幸洋さんは「暖かい部屋から間近で見られる。野鳥の色や鳴き声、しぐさを楽しんでほしい」とコメントしております。
■2階には餌台・集音マイクを設置
同センターでは毎年、鳥の餌付けを行っており、同イベントは10年前から実施しております。餌台を同センター2階の「森の学習室」の窓の外と塀の上に設置し、ヒマワリの種や混合餌を置きます。枝に雪がかぶり、食べ物が少なくなる冬季、餌台を設置することで、さまざまな種類の野鳥が集まるのが特徴!同センター周辺の林の木々にも餌台や巣箱を取り付け、牛脂やゴミムシの幼虫、果物を用意。集音マイクを通して鳥の鳴き声や餌をついばむ音も楽しむことができます。昨年は珍しいアカゲラ、オオアカゲラなども姿を見せたといいます。また今年は高さ、幅、奥行きともに約2メートルの木製の小屋を準備。林に置いて、さらに近距離で野鳥の姿を写真に収めることができるそうです。

現在時期的に野鳥観察スポットは各地で賑わいを見せているそうです。お近くにありましたら、是非足を運んでみてはいかがでしょうか!

もうすぐ水仙・カニフェア

越前町では毎年「水仙・カニフェア」が開催されています。その少し前から水仙まつりも開催されています。越前海岸に咲く水仙は日本水仙で、日本で数少ない野生の水仙の群生地でもあり、日本水仙三大群生地の一つに数えられています。(他は千葉県房総半島、兵庫県淡路島です。)日本水仙は福井県の県花でもあります。

「越前水仙」とは越前海岸に咲いている日本水仙の総称で、他の日本水仙に比べますと花が長持ちする、また香りは甘く清楚でみかんの匂いにも少し似ています。香りが豊かなのも特徴の一つです。山の斜面が一面白いじゅうたんのようになり、清楚な香りに包まれます。凛とした姿は、「雪中花」とよばれ、福井県の冬に風物詩になっています。
開花は12月頃から2月くらいの間ですからお正月の生け花としても重宝されています。

もうすぐ水仙・カニフェアが開催されます。フェアでは水仙娘さんによる水仙の手渡しや越前がになどの新鮮な海産物の即売市、グルメを味わえます。越前ガニも一段と美味しい季節!越前にぜひ遊びに来てください。お待ちしています!

■冬の日本海・・・鳥取と松葉ガニ

鳥取に親戚がある。その鳥取に小学生高学年のころに行った。行きは親戚の兄と行ったのだが、帰りは一人旅となった。小学生のころだ。でも帰りの一人旅は、何故か恐怖感は何もなかった。心うきうきしていた記憶がある。長時間の電車の旅・・・いやいや、ちがう、汽車の旅だ。トンネルの手前では窓を閉める。行きに教えてもらっていたので、帰りの汽車の中ではちゃんとできたと思う。

今思いだしてみると、そのときの山陰の日本海の景色はとても暗かったようによみがえる。季節は冬・・雪がふっていたかどうかは定かではない。でも寒かった。そして車窓から見る景色はどうも陰鬱な様子であった。でもそれが少年の心になんとなく非日常の感覚を呼び起こしたのかもしれない。今、私は雨の日曜日がとても好きだ。それはこのときの車窓の陰鬱な景色がそうさせたのか・・・少々飛躍しすぎか。

ともかく、山陰本線だ。その山陰の日本海の風景が私の心のルーツかもしれない。高校を卒業してからはあちこちに旅をした。たいていが日本海側か東北に集中している。今でも沖縄や九州などよりも東北や日本海側の方が大好きだ。

そういえばその当時から私は松葉ガニを食べていた。鳥取発の松葉ガニだ。だから今でもタラバガニは何よりも大好きなのかもしれない。

すなわち私のルーツは鳥取ということか・・・・。