月別アーカイブ: 2016年2月

ワタリガニはどこを渡る?

いつもはズワイガニや越前ガニ、毛ガニを食べることが多いのですが(多いと言っても特別なときだけ)今回は初めてワタリガニを食べてみました!ワタリガニは甲羅が楕円型で脚が青みがかっているのが特徴です。大きさも結構小さいです。始めはこんな小さいカニに食べるところなんてあるのかな~って疑っていましたが甲羅の中に身とカニみそがぎっしり詰まっていてとてもおいしかったです。ワタリガニという名前なのだからてっきり渡り鳥みたいに遠いところからやってくるカニだと思っていたのに調べてみると全然そんなことなくて・・しいて言えばカニなのに泳ぐためのひれがついているから他のカニよりも自力で移動するって感じ(笑)もうヒレガニでいいんじゃないかな~(^<^)ワタリガニはスーパーで時々売られているので良かったらみなさんも食べてみてくださいね。

子供たちの沈黙

「蟹を食べ始めると無口になる」とは、昔からよく言われますよね(笑)確かに蟹は魚と違って殻も厚く構造が複雑なので身を取り出すのにちょっと手間がかかるから、いつもはうるさい子供たちも蟹を食べる時だけは静かになる、と2児の母の友人は言っていました。でも中には蟹の達人、玄人みたいな方もいて、他の料理となんら変わらずにおしゃべりしながら食べていましたよ。もう手際の良さが全然違うんです!これには色々な意味で驚きました。だって食べなれてるってことはよく蟹を食べる人(お金持ち?)って思ってしまうから・・(笑)それはさておき、かにみそは好き嫌いが分かれるものですが私は大好きです!あの苦味は癖になる。カニの甲羅に日本酒を入れて飲むことも好きですよ。こうやって書くとなんかおじさんっぽいですけど大人の皆さんにはぜひぜひ試してもらいたいです!

カニかまぼこについて

カニかまぼこ(通称カニカマ)と呼ばれる食品をみなさんも一度は口にしたことがあるかと思います。カニカマは日本で生まれ、今や世界中で食べられている食品です。海外では日本より人気があったりするみたいですし、サラダやサンドイッチ、寿司ネタなどさまざまな料理に活用できます。実は大変お恥ずかしい話なのですが、私は結構いい年になるまでカニカマは蟹からできていると思っていました。しかしカニカマは魚肉の練り製品なんですよね(笑)最近ではより蟹に近いものが発売されたりして私以外にも勘違いしてる人がたくさんいるんじゃないかな~?この前何かのテレビ番組で海外の方がほとんど勘違いしているのを見て思わず笑ってしまいましたよ。「カニカマに蟹は入っていません」「オーマイガー!」みたいなやりとりが本当に面白かったです。