おいしいカニの食べ方

カニの身をおいしく、すっきりと食べられる食べ方をご紹介します。
カニのうま味をすみずみまで堪能してください。

検索条件

商品カテゴリから選ぶ
商品価格を入力
商品名を入力

ログイン

メールアドレス
パスワード
パスワードを忘れた方はこちら
新しく会員登録する

カレンダー

2017年4月の定休日
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
2017年5月の定休日
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

※赤字は休業日です

おいしい食べ方をご紹介!

初めて調理する方にとっては分かりにくいゆで方やさばき方をみなさんにお教えします。
このポイントをつかめばどなたでも「越前がに」を美味しく召し上がれます!

かにのゆで方

もちろんボイル済みのかには再度ゆでる必要はありませんが、生のかにお買い上げの方は、
以下の手順でゆでてください。


ご自宅で生のかにをゆでる場合は、まずかにが動か
なくなるまで、流水につけてください。動かなくなりまし
たら、タワシで軽くこすってください。次にかにが十分に
収まる鍋に、たっぷりのお湯を沸かします。
十分に沸騰したら、1リットルの水に対して大さじ4~5
杯程度の塩を溶かし、甲羅を下にしてかにを入れます。
■ずわいガニの場合:沸騰してから蟹を入れます。
  1kg以下 15~20分ゆでます。
  1kg以上 20~25分ゆでます。
■せいこガニの場合:沸騰してから蟹を入れます。
  13~15分ゆでます。

越前がにのさばき方

かにのさばき方は地方によってさまざま
ありますが、ここでは、ご家庭でも簡単にできるさばき方をご紹介します。


かにの足と甲羅・胴体を包丁で丁寧に切り離します。
胴体部分についている「前かけ(赤丸の部分)」を
取り外します。


胴体の真ん中に包丁で切れ目を入れ、胴体を二つに
割って甲羅から胴体を外します。
甲羅の中に見える黄土色のものが『かにみそ』です。


甲羅の先端(赤丸の部分)を取り除きます。
胴体についている『がに(ふんどし)』を外します。
『がに』は魚のエラに相当するもので食用になりません。


胴体は横に二つに開き、食べやすくしておきます。
足は二つに切り込みを入れて、身を取り出しやすくして
おきます。最後に盛り付けて完成です。

せいこがにのさばき方

越前がにより小さくややさばきにくいですが、おいしい外子(卵)、内子(みそ)が詰まっております。


『前かけ』についている外子を慎重に取り外します。
足を内側に折り曲げると足と甲羅が簡単に外れます。
(『越前がに』も同じ方法でさばくことがあります)


甲羅の先端(赤丸の部分)を取り除きます。
胴体から『がに(ふんどし)』を取り外します。
後は[越前がにのさばき方]と同様です。


お得にこの美味しさを味わえる!